救命の初動対応につて
        

 心臓や呼吸が止まった人の命の助かる可能性は、 止まってからの10分間に急激に少なくなります。
 
 傷病者が発生した時は、放置することなく すぐに応急手当をすることが重要です。
 
 そのためには応急手当の正しい知識と技術を覚えて、実行することが大切です。
 
 立川市体育協会では毎年救命講習会を立川消防署警防課の協力により実施しております、

 講習に参加し正しい救命処置を覚えましょう。

                   救命処置の手順                     平成29年度講習会開催
 
  
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、
バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

                                               HOME